所持する目的を明確にすること

企業が経営活動を行うことで、株式投資、企業との付き合い等があります。その際に投資有価証券を所有します。

現預金の投資先として、企業が正しい経営を行っているのであれば、安心して株式を買い取ることができます。
その対象となった企業自体も、成長を希望しているため努力を継続することが予想されます。
所有する投資家としても、利益や配当金が期待できます。

一方、現預金の投資先を不動産にしている会社もあります。
昔は多くの企業が所持していましたが最近では持っていることが少なくなってきました。
持っているだけでは、土地は何も生み出しません。活用して収益を出さなければ利益も期待できないしょう。
そのための投資や活用も、購入した企業で考える必要があります。そうなると、企業の定款に経営目的として追加する必要があります。

最近の株主総会では、不要な投資については質問や批判が叫ばれ、投資の解約を求められることが多くなりました。
昔からの流れで不動産投資を継続するのはお勧めしません。まず、より効率の良い現預金の活用法を探しましょう。
そこでは、積極的な成長や展開をおこなっている企業に投資するかがポイントです。

最後に、自社での新たな分野への資金として活用される方が、株主や債権者からは理解を得やすい環境になっています。